埴輪 短甲をつけた武人 Haniwa: warrior in tanko armor
tanko tanko_card

マスコットについて
初出 2001.08 (C60)
素材 土(オーブン陶土)
サイズ 約4cm
解説 シリーズ第二弾。人型のハニワです。
オリジナルは埴輪界きっての美形なんですが…再現するのはなかなか難しいですね。
価格 500円

本物の出土品について
説明 短甲の着装状態のわかる埴輪として有名。
衝角付冑(しょうかくつきかぶと)をかぶり、短甲は横矧板鋲留(たてはぎいたびょうどめ)の形状を示し、簡略な頸飾りを付けている。
眼・鼻・口は整い、気品ある端正な顔だちが、この武人をいっそう著名にしている。
同じ古墳から出土した武人や男子、女子も、よく似た整った眼鼻をしており、同一工人の手で作られたものであると考えられている。
高さ 64.0cm
出土 埼玉県熊谷市上中条出土
時期 6世紀
   
   modoru