勾玉 magatama
maga maga_card

マスコットについて
初出 2001.12 (C61)
素材 透明キャスト、蛍光素材
サイズ 約3cm
解説 シリーズ第五弾。焼き物ではなく、透明素材を使ったアクセサリーです。
緑色の模様には蛍光素材を混ぜてあるので、暗闇に持って行くと光ります。(上の画像にマウスを合わせると様子がわかります。)
価格 700円

本物の出土品について
説明 古代日本における代表的な垂飾品。古墳の副葬品として、美しい緑の硬玉製勾玉が存在することはあまりにも有名。
勾玉の起源は弥生時代から更にさかのぼり、縄文時代の後期から晩年の遺跡でも発見されている。
勾玉に類似した形の熊、犬、狐などの犬歯に孔を穿った牙玉は縄文時代の早期以降遺跡から各地で発見されており、犬歯の形を石で模したのが勾玉の起源という説もある。
長さ 2cm〜4cm
出土 全国各地の遺跡・古墳から出土
時期 縄文時代 後期〜
   
   modoru